脂肪溶解注射

こんなお悩みはありませんか?
「ダイエットに失敗してばかりいる」「運動も食事制限も続かない」「すぐリバウンドしてしまう」など・・・。
ダイエットの成功は、ただ痩せるだけでなく、体型を維持できないと本来の美しさを取り戻すことにはなりません。脂肪溶解注射は切らずに脂肪細胞の数を減らしてサイズダウンするリバウンドの少ない治療です。
このページでは脂肪溶解注射はどのような治療なのか、効果やメリット、デメリットについて解説します。

脂肪溶解注射の効果

脂肪溶解注射の成分は主に大豆から抽出される成分で、元々は脂肪肝や高脂血症の治療に使われていた薬剤です。
皮下脂肪に直接注射することによって薬液の浸透した部分の脂肪細胞が破壊され溶解し、溶け出した脂肪が血管を通り体外に汗や尿と共に排出されます。一度除去された脂肪が再生されることはないため、リバウンドしにくいダイエット治療と言えます。
皮下脂肪を注射で減少させ、太りにくい体型の維持を目指します。

脂肪溶解注射がおすすめの方

  • 辛い運動や食事制限が続かずにリバウンドを繰り返し、ダイエットになかなか成功しない方
  • 頬や、あごなどの部分的な顔やせを目指す方
  • 脂肪吸引などの手術より手軽に部分痩せをしたい方
  • ダウンタイムの時間を長く取れない方
  • リバウンドしにくいダイエットに興味がある方にご検討いただきたい医療痩身です。

脂肪溶解注射とは何か

食事や運動療法よりもリバウンドしづらい脂肪溶解注射

脂肪細胞には、2種類のタイプがあります。褐色細胞と呼ばれる、脂肪を燃焼する小型の脂肪細胞と、白色細胞腫と呼ばれる、脂肪をため込む肥大化した脂肪細胞です。褐色脂肪細胞は、エネルギーを貯蔵することができ、血中の糖質や脂質を減らし、糖尿病や脂質異常症などの病気になるのを防ぐ働きをしています。白色脂肪細胞は、内臓脂肪に多く存在し、脂肪をため込む特徴があります。脂肪をため込みすぎると動脈硬化や高血圧、高血糖などのリスクが高くなります。
食事制限や痩身エステでは、肥大化した脂肪細胞が小さくなるため、一時的に痩せますが、脂肪の数そのものは減らないため、食事制限をやめてしまうとリバウンドするリスクがあります。リバウンドの主な原因は脂肪細胞が減少していないことが原因です。
脂肪溶解注射は、白色脂肪細胞の数自体を減らし、肥大化した白色脂肪細胞を小さくするため、治療が終わりダイエット成功した後も、体型の維持がしやすい痩身方法です。

脂肪溶解注射が脂肪細胞を減らす仕組み

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を溶かして破壊させる成分が含まれた薬液を皮下に注入する治療です。お薬の効果により脂肪細胞を溶かして破壊したのち、尿や汗となって体外に排出します。
お薬の主な成分は大豆から抽出されるもので、脂質の代謝を高め、血管壁に付着したコレステロールを溶かす機能を利用します。
脂肪細胞を小さくするだけではなく、脂肪細胞そのものの数を減らすため、痩身効果が期待できます。

ダウンタイムがなく部分痩せが可能

部分痩せという言葉はよく耳にしますが、残念ながら部分痩せは、ほぼ不可能と言われています。食事制限や運動によって脂肪細胞は小さくなるため、確かに瘦せることはできますが、筋トレをした部分の脂肪が落ちているわけではなく、全身の脂肪がほぼ均等に燃焼されています。そのため、頬やあごなどの顔やせを目指す方にとってはダイエットの効果が現れるまでに時間がかかります。
また、食事制限で痩せた場合は気になる部分だけでなく、頬がコケた、胸まで小さくなった、など落としたくない部分のお肉まで落ちてしまうリスクがあり、メリハリのあるボディメイクをするのはとても難しいのが現状です。
脂肪細胞注射は短時間で効果が出るだけでなく、痩せたい部分へのピンポイントでのアプローチや、食事制限や運動、痩身エステでは難しい顔やせも可能です。ダイレクトに注射で脂肪細胞を破壊するためダウンタイムはほとんどありません。そのため入院の必要もなく、すぐに日常生活を再開することも可能です。

脂肪溶解注射が合う目的や症状

脂肪溶解注射が合う方や目的、症状についてご紹介いたします。

脂肪溶解注射は顔痩せにも効果的

食べすぎや運動不足で太ってしまって、顔周りに脂肪がつくと、頬がふっくらするので顔が大きく見えてしまい、余計に太って見えてしまいます。また、あごに脂肪がつくと、二重顎と呼ばれる状態になり、たるんだ印象にもなってしまいます。
従来の食事制限や運動では、全体の脂肪燃焼によって痩せる必要があるため、部分痩せが不可能と言われており、顔だけ痩せることはできません。脂肪溶解注射では部分痩せも可能なため、ピンポイントに顔だけ痩せることができます。
元々顔に脂肪がつきやすい体質の方、身体は痩せているのに顔のたるみや脂肪が気になるような方にも脂肪溶解注射はオススメです。

脂肪溶解注射は忙しくてダウンタイムの時間が取れない方におすすめです

脂肪溶解注射は、翌日大きく腫れたりすることがほとんどなく、ダウンタイムのほとんどない治療になります。施術後大きく腫れたりすることがほとんどありませんので、職場に毎日通って働く方でも、翌日から通常通りの日常を過ごすことが可能です。
ダウンタイムがある施術だと、どうしても仕事や学校、日常生活に支障が出てしまいます。普段仕事をしている人は、ダウンタイム期間は休暇を取るなど、あらかじめ計画を立てる必要もあります。
顔に傷や腫れが目立つ状態では、周囲に治療を知られてしまうきっかけになるため避けたい、という方にも、脂肪溶解注射はオススメです。

これまでダイエットに失敗してきた方へ

せっかくダイエットをして痩せても食事や運動などの生活習慣を変えなければ、ほとんどの場合リバウンドをしてしまい、さらに太りやすい体質になってしまうといった悪循環が起こります。ダイエットを成功させるためには体質改善と生活習慣の改善が必要です。
これまで運動や食事制限、痩身エステでのダイエットに失敗してきた方には、メディカルダイエットがおすすめです。脂肪溶解注射で脂肪細胞そのものを減らして体質改善を行い、合わせて当院独自のプログラムで食事や運動療法を取り入れていただくことで太りにくい身体作りをサポートし、目標とする美しさへの到達に全力を尽くします。

薬剤によって効果が変わる?

脂肪溶解注射にはいくつか種類があることをご存知でしょうか?
これまで脂肪溶解注射にはBNLSという種類の注射が広く取り扱われてきました。しかしその後、他にも効果の高い薬が何種類か出てきました。当院では、そうした「カベリン」「FatXcore」「mesoline Body contour(メソラインスリム)」を採用しています。薬の種類によって特徴が異なるためそれぞれの特徴を説明します。

カベリンによる治療

カベリンは、デオキシコール酸の含有量が非常に高いです。デオキシコール酸とは脂肪細胞を破壊し、乳化させて溶かす成分で、脂肪をため込むことを防ぐ働きもあります。アメリカのFDA(※)でも脂肪分解の効果がある成分として認められています。
カベリンはBNLSと比較するとデオキシコール酸が約5,000倍の高濃度で配合されています。そのため高い効果を実現できることに加え、腫れや痛みを抑えた安全性の高い薬剤であることが証明されています。また、カベリンは1週間に1回の注射が可能であるため早く効果を実感することができます。効果を実感するには5〜6回ほどの治療が必要です。
※FDAとはFood and Drug Administration(アメリカ食品医薬品局)の略で食品や医薬品、化粧品などの安全性を安全性・有効性を承認する機関のこと

FatXcoreによる治療

FatXcoreはデオキシコール酸1パーセント配合で、カベリンより高濃度の第4世代の脂肪溶解注射ともいわれているお薬です。1回の治療効果が高く、お顔だけでなく二の腕や太ももなど、体の部分痩せにも使用できるのが特徴です。従来のFatXは高濃度であるがゆえに痛みや腫れが強く出る傾向にありましたが、FatXcoreは長年の臨床実験を重ね、痛みや腫れを軽減することに成功しました。FatXcoreは月に1回の治療を2回以上行うことで効果を感じやすいです。

メソラインスリムによる治療

メソラインスリムはボディー専用の脂肪溶解注射です。デオキシコール酸に加えPPC(フォスファチジルコリン)という成分が入っています。強い脂肪乳化作用があるのが特徴です。他の脂肪溶解注射より多く注入することのできる薬剤ですが、腫れやむくみが出やすく2週間ほど続くため、ダウンタイムの時間を確保できる方向けの注射です。

脂肪溶解注射でよくある誤解

脂肪溶解注射でお客様から聞かれるよくある誤解や、間違えた認識のデメリット、失敗についてご説明します。

1回で効果が出る?

1回だけで効果が実感できると考えている方が多いのですが、脂肪溶解注射は穏やかに脂肪を溶かして排出していく方法であり、1回や少量だと効果を実感しづらいです。そのため、部位によっても異なりますが、1部位に対して、2週間以上間隔をあけて、3回以上注射をしていただくことで目に見える効果を実感しやすくなります。お客様のご希望に合わせた回数を丁寧にカウンセリングの上ご提案いたします。

脂肪細胞を破壊する危険な薬なのでは?

脂肪溶解注射は一度に脂肪を減らせる量が少なく(手のひら程度の量といわれています)穏やかに脂肪を溶かして排泄するため、安全性に配慮された治療法です。また、大豆由来の天然成分で、この成分は医療現場でも使われてきました。元々は脂肪肝の患者様に利用されていた治療薬なのです。

脂肪溶解注射は痛い?

脂肪溶解注射は細い針を使用しますので、チクッとした痛みを感じる程度です。注射後は痛みがすぐに落ち着くため脂肪吸引のような切る治療と比べると痛みやダウンタイムが圧倒的に少ない治療です。当院では医師による麻酔の利用が可能なため、痛みに不安がある方はご相談ください。

脂肪溶解注射のメリットデメリット

メリット

  • 切らずに部分痩せが可能
    BMI的には十分痩せている方でも、頬やあごの脂肪が落ちず太って見えることでお悩みの方も。脂肪溶解注射は、そのような皮下脂肪にもピンポイントのアプローチを行うことで部分的に痩せることが可能です。
  • ダウンタイムが短い
    脂肪吸引のような手術が必要な治療と比較するとダウンタイムが短いこともメリットの一つです。翌日から通常通りの日常を送ることが可能です。
  • 1回あたりの治療時間が短い
    脂肪溶解注射は1回あたりの施術時間は10分〜と短い時間で治療ができるため手軽に受けやすい点もメリットです

デメリット

  • 一回では効果を実感しづらい
    体質や部位にもよりますが、脂肪溶解注射は基本的には1回では効果を感じづらい治療です。そのため複数回治療に通っていただく必要があります。
  • 腫れや内出血が起こる場合がある
    部位や薬剤によりますが、腫れや内出血が起こる場合があります。数日で症状が治ることがほとんです。

LIGHT CLINIC(ライトクリニック)の特徴

大阪で医療痩身を受けるなら

LIGHT CLINIC(ライトクリニック)は、大阪の梅田・北新地からの最短徒歩2分の医療ダイエット専門クリニックです。大阪発の医療ダイエット専門クリニックで、ダイエットにフォーカスした多様な施術の提案が可能です。名門と謳われる国立循環器病研究センターに従事した医師の経験を基にダイエットの正しい情報をお伝えし、皆様自身が正しいダイエットの知識を得ていただくことで健康的で持続可能な美しいダイエットの実現を目指しています。
当院では、HIFU(ハイフ)、インシェイプ、脂肪冷却で部分痩せに効果があるとされるクリスタルプロなど世界的に評価の高い機器に加え、医師が自ら使用し、効果の実感があったものだけを厳選した医療痩身の先進的な機器を導入しています。
あらゆるダイエットを試してきた方、過度なダイエット・リバウンドを繰り返して来た方が明るく健康的な未来に向かう「光」になりたいとLIGHT(ライト=光)という名を付けました。ダイエットに特化した専門性の高いクリニックだからからこそ、ご来院いただく皆様1人1人にあったオーダーメイドのダイエットプランを提案させていただきたいと思っています。人生最後のダイエットを一緒に実現させましょう。

マシン施術だけでなく様々な角度でダイエットをサポート

当院は遺伝子検査やInBodyの測定値をもとに、内服や運動療法など、マシン以外のメニューも充実しています。マシンを使った痩身メニュー以外にも、内服薬の処方やYOGAなど運動の紹介も可能です。様々な角度から患者様に最適なダイエット方法をご提案することで、効果を最大限に発揮することができると考えています。

ダイエット成功の鍵は「継続すること」

当院は梅田駅・北新地駅から徒歩5分以内でお越しいただけます。ダイエットの成功の秘訣は「継続すること」であると考え、患者様が通いやすいよう、駅から近い立地を選びました。

まずは無料カウンセリングへ

当切らずに脂肪除去を行う治療にはこちらのページで解説した脂肪溶解注射の他、ハイフやクリスタルプロなどがあります。そのほか、部分痩にはインシェイプという治療があり、それぞれ作用する場所やマシンの仕組みが違います。自分に合った施術を選んでいただくためにお客様のお悩みとお体の状態を診察させていただき、無駄のない効率的なダイエットメニューをご提案いたします。
気になるかたはまずカウンセリングにてお気軽にご相談ください。症状やお悩みによっては他の施術が最適である場合もございます。カウンセラーがお悩みを伺い、医師が診察をした上でお客様に合った最適な施術をご案内させていただきます。カウンセリングは無料で行なっております。また、強引な営業、勧誘などは行っていないため安心してご来院ください。

施術金額

脂肪溶解注射(カベリン)
5,500円/ml
脂肪溶解注射(FatXcore)
8,800円/ml
脂肪溶解注射(メソラインボディコンター)
5,500円/ml

1.施術には、国内未承認医薬品または医療機器を⽤いた施術が含まれます。
2.施術に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。
3.同じ効果が得られる国内承認薬・機器が存在する可能性があります。
4.安全性に関する諸外国での情報について、重大なリスクが明らかになっていない可能性があります。
5.本施術は自由診療であり保険適応外となります。
6.本施術に関するご連絡先は、本HPの記載のクリニック連絡先と同じです。